記事一覧

転職を機に収入が減少し、つい無担保ローンに手を出してしまった・・・

お子様2人の4人家族のN様は、平成11年に一戸建てを購入されました。
奥様が連帯債務者となり、住宅金融公庫(現、住宅金融支援機構)から2200万円、銀行から1000万円、合計3200万円を借り入れされ、月々150,000万円、ボーナス100,000円のお支払いをされていました。

N様の転職を機に収入が減り、それを補填するため、金融機関より無担保ローンの借り入れをされ、売却後の残債務は1500万円になることが分かりました。

N様、連帯債務者の奥様は、自己破産を選択され、弊社の専属弁護士に相談、
弁護士費用も法テラスの利用により、月々10,000円の分割払いになりました。

購入者が決まり、公庫に引越し費用を認めてもらい、弊社が引越し費用をお立て替えして、
ご自身の持ち出しなく、近隣に事情を知られることなく、更にお子様の転校もすることなく
引越しをされ任意売却を成功されました。さらに裁判所より免責決定され
1500万円の残債務から解放されました。

お問い合わせはコチラから